【 Rosemary HISTORY 】
1995年 1995年4月29日にHIROKOとMASAのWedding LIVEを本八幡3rd Stageで行い
企画バンドとして作った「37Special」と言うバンドを組んだ事がSTARTとなり今後の活動の
基点となる。
この時のメンバーは、
・MASA / G&Key
・HIROKO / Vo&Key
・JUN(GENERATION GAP) / Ds
・A-Shu(747) / G
・Hattori(BOSS) / B

上記メンバーで10曲(60分)の演奏を行った。
2000年 2000年10月22日にGENERATION GAPの「MASA(G)」、「TOSHI(B)」、「JUN(Ds)」と
★BOSS★の「ATSU(G)」をバックに「HIROKO」がVocalとしてROSEMARYを結成し
千葉ANGAで
「GENERA
TION GAP」、「The GARAGE」と出演しデビューライブを行った。
この日は、150人以上の動員があり、お客様がLIVEHOUSEに入れない状況となり大盛況の
LIVEとなった。


2004年 4月24日に新メンバーで4年振りに活動を再開、この時からMADOがサイドヴォーカルとして参加し
ギターにはJurassick ParkのNassyが参加、Dsには幕ノ内&Joke’d Kiss&BOSSの
SEIICHI、BASSにはGAPのSHARTOが加入し
Gap PresentsのMANIAC NIGHT VOL.W
に参加し100人以上の集客となりここから定期的な活動が再開される。
メンバーは・・・!

・MASA / G&Key
・HIROKO / Vo
・SEIICHI / Ds
・SHARTO / B
・MADO / Vo
・Nassy / G

また、12月19日に千葉ANGAで「Tribute Feata VOL.V」が行われギタリストとしてGoods Talkの
「HIROSHI」が加入しTo-be’s / Kneon Pigs / Hard Workersと共演をした。


2005年 11月5日にプロアマ企画のBRU(Boso Rockers Union)企画の「Boso Rock VOL.8」に出演。
この日はプロに
黒葛原りつ(Vo, AG)〔市川"JAMES"洋二(B)/Ex.Street Sliders、 松本健(Per)〕
アマチュア側は
JURA/GODHAND of 3 minutes/Rosemary が出演しプロとのセッションで
「Honky Tonk Woman」を演奏した。

12月24日にはANGAの
「American Diners Collection vol.5〜X'mas スペシャル〜」に出演し
ホーンセクションがカッコイイ
「モダンフェイク」との2バンドでの共演となった。
この日はHIROSHIが参加できなかった為、MASAが(G)でHIROKOが(Key&Vo)を担当し
シットリとした感じのセットリストで行った。

2006年 7月23日に茂原ふぇるまあたでのLIVEはジャニスジョップリンのコピーバンドの「CHEAP THRILLS」
との共演で行われ、
SHARTOが都合で参加できなかったので代役で『★BOSS★のTAKA』に参加して
LIVEを行った。
「MADO」も後半から飛び入り参加した。
茂原ふぇるまあたはアイドル女優の「酒井彩名」さんの実家でもあり、この日は茂原の七夕祭りで偶然
にも帰宅していてお店で会話や写真が撮れて盛り上がった。
9月23日にはBRUでご一緒させて頂いてからの好意にして頂いている
「ヒルタナユミと魅惑の東京サロン」
とのプロバンドとの共演でANGAから代表で
「JetBoys」との3バンドでセッションで「ロックンロールウイドウ」
を全バンドで行い盛り上がる1日となった。
2007年 12月30日に千葉ANGAにてGeneration Gap Presents『MANIAC NIGHT VOL.\』に出演し
プロバンド
「BARAKA」と共演した。この日はギターの「HIROSHI」が頚椎手術の為、入院加療中であり
「MURAさん」とBAD NEWSの「MITSUHIRO」が参加し、BASSも「HACCHAN」が参加した。
最後はBARAKAとのセッションで★BOSS★の
「TAKU」が参加し「Rockin' My Heart」を演奏した。
この日はMADOの事を書いた新曲の
『恋の花咲け』を発表し「MADO」がVocalを担当した。
また、
『MADO』がこの日を持って当面LIVE活動休止する為、ROSEMARY卒業となった。
2008年 11月1日に千葉ANGAにて初のROSEMARY企画LIVEを開催。
タイトルは『HAPPY NIGHT Vol.1』 〜Girls Singer Special〜 として女性Vocalistのバンドに
出演して頂き開催した。 この日は「ヒルタナユミと魅惑の東京サロン」の夕田みわこさんのご協力を頂き
プロの3バンドがこの日の為にプロジェクトユニットを結成し
Hay Amor & baby tears feat.
Ebony-B&The Grasshopper(s)
と言うユニット名で出演して頂き『上原未緒』『Cubic Parfait』
と共に100人以上のお客様にご来場頂き大成功の企画となった。
尚、この日のLIVEより前回参加して頂いた、『MURAさん』と『Hacchan』が正式メンバーとなりLIVE最後に
過去のメンバー紹介も行い、
『ATSU』『TOSHI』『SHARTO』『MADO』をステージにて紹介した。
また、この日は
『HANA』作曲(作詞 HIROKO)の『SMILEY』を発表した。
2009年 7月4日に千葉ANGAにて2度目のROSEMARY企画『HAPPY NIGHT』を開催。
この日も前回同様にサブタイトルは
『Girls Singer Special』としてIKNOSA・Cubic Parfait
3年ぶりに千葉に来て頂きました
ヒルタナユミと魅惑の東京サロンが出演し、女性ヴォーカルバンドが
出演しラストは
『STAND BY ME』『ロックンロールウイドゥ』を総勢19人でセッションを行った。
またHIROKOとMASAのユニットの
RoseHeartも2008年から活動が活発になってきた。
7月15日(RoseHeart)、7月18日(Rosemary)と友人が立ち上げた川口SHOCK ON
Opening LIVE WEEKとして出演。両日共に満席で18日は★BOSS★のTAKU
ラストのアンコールで飛び入り参加して大盛況で終わった。
食事、STAFF、内装と全てが最高の店です。今後の新たな活動の場となりそうです。
11月14日は千葉ANGAにてROSEMARY企画『HAPPY NIGHT Vol.3』を開催
サブタイトルの『Let's In The Party Tonight』どおり100人以上の来場者で
とても盛り上がるLIVEになりました。この日はプロシンガーの角辻順子さんに参加して頂き
5バンドの豪華キャストにてラストは全バンドでのセッションで幕を閉じた。

2010年 5月8日に『GENERATION GAP20』が20周年・『THE DGR』が15周年の合同記念ライブを
THE MEMORIALとして開催した。
この日はKASEが所属している
『潤井戸タイマーズ』のVocalのグリコさんにゲスト参加頂き
『雨上がりの夜空に』を演奏。清志郎になりきった演出で会場は大きな盛り上がりとなった。
また、中国から
MURAさんも帰国して後半6曲参加しMADOも久々のROSEMARYに参加し
2曲を歌った。
2011年 2月5日にROSEMARY企画『HAPPY NIGHT VOL.4』を開催。
この日は、4バンドでのスタートだったが、小田和正Tributeの
『JUNK-TION』がVocalの
鎮目さんが、インフルエンザに感染し出演不可能になったことで、3バンドでのLIVEを慣行。
ラストには、SIDE-B BANDとのセッションで
MICHAEL JACKSONの『I'LL BE THERE』
行い、素晴らしいハーモニーを聴かせてくれました。
その後は、元世良公則&ツイストのメンバーである
『ふとがね金太』さんが飛び入り出演して頂き
『燃えろいい女』・・・ふとがね金太Versionと『La-Bamba』を行い、会場全体が笑いの渦に包まれ
大いに盛り上がった。
10月15日は今年2回目のROSEMARY企画の『HAPPY NIGHT VOL.5』を開催。
この日は大黒摩季トリビュートバンドの
『サディスティック姫バンド』と4人の女性ボーカルと
経験豊富なバックバンドが奏でる洋楽POPSバンドの
『CANDY POPS』の2バンドが共にデビュー
ライブを行った。
3バンド目は昨年一緒に記念ライブを行ったMASAが加入している
『GENERATION GAP』が出演した。
RoseHeartで先行で演奏していた、新曲の
『Yourself(あなた自身を)』を発表した。
2012年 この年のスタートは2月25日にROSEMARY企画『HAPPY NIGHT VOL.6』を開催した。
2011年12月にRoseHeartがゴダイゴのギタリストの
浅野孝巳さんとツイストのふとがね金太さんの
アコースティックユニットの
『菴羅』とジョイントライブを行った事から、千葉に来て頂ける事になり、
2月25日のROSEMARY企画『HAPPY NIGHT VOL.6』に出演して頂き、VENTURES
トリビュートバンドの
『V-GOLD』がオープニングアクトで出演頂き、キャリア十分の演奏を奏でて
盛り上がるステージから、2バンド目は昨年2月にも出演頂いた
『CANDY POPS』が出演し
女性ハーモニーの華やかなステージとなった。
3バンド目には
『菴羅』さんが出演して、ふとがね金太さんのMCでは会場が笑いの渦になり、
浅野孝巳さんの素晴らしいギタープレイに聴き惚れて、ラストはMASAがギターで参加しヒット曲の
『ガンダーラ』『あんたのバラード』の2曲をジョイントした。
そしてROSEMARYのラストでは、
浅野孝巳さんとふとがね金太さんが参加し
『モンキーマジック』
『燃えろいい女』『銀河鉄道999』をセッションして盛り上がる1日となった。

12月7,8日は2月に一緒に演らせて頂きました
『ふとがね金太』さんのデビュー35周年記念ツアー
『KING CHANG ASIAN LIVE 2012』のツアーファイナルの2DaysをRosemaryとのジョイントを
7日は川口SHOCK ON、8日は千葉ANGAで行いました。
KING CHANG BANDのバックバンドは
BARAKAの依知川伸一さん、平石正樹さん、高見一生さん
にゴダイゴや松任谷由実のツアーメンバーでもある
竹越かずゆきさんと豪華なメンバーで2日間共に
ふとがね金太さんの笑いと温かいステージに会場は2日間共に大盛況のステージとなった。
ラストは
『頑張らねば』、『燃えろいい女』、『Tom Yam Kung』の3曲をセッションで行い終了した。
2013年 この年のライブは11月3日にほぼ1年ぶりのライブとして『Happy Night Vol.7』を開催。
初共演の
★BOSS★をオープニングアクトに迎えて
3度目の共演でHappy Nightの出演が2度目となる
TYPHOONを迎えての3バンド企画を行い、
MURASANが4年の海外勤務から帰国し、3年振りのRosemary参加となった。
2014年 5月5日のANGAの17周年記念週間に『Happy Night Vol.8』を開催。
この日は出演頂いた3バンド全てが初出演であり、
鈴木奈緒さんのDarkness Rose立地−率いる
Cook Do with 桃萬、BOSSでは何度か共演していたPeter Rabbitsと全てのバンドのボーカルに
女性がいるまさに
Happy NightのスタートのコンセプトであったGirls Singer Specialの再現となった。
ENCOLEでは
MASAの仕事でのバンド仲間であるツッチーと槌田和博がベースで参加し
BAD NEWSのボーカルのちばっちこと千葉博志がボーカルで参加での沢田研二の
『TOKIO〜勝手にしやがれ』のメドレーをセッションで行い、
ラストは全バンドのボーカル&Guitarが参加して
『学園天国』で締めて盛り上がる1日となった。

11月2日は
『Happy Night Vol.9』を開催し、MASAが30年来参加している市原ふぉーく村より
HIDEカバーの
『六角レンチ』に初参加頂き、3度目のHppy Night参加の『TYPHOON』と2度目の
参加となる
『SIDE-B BAND』が出演し、MURASANHANACHANの久々のツインギターでの
ユニットとなった。
2015年 結成15周年のこの年は、15th Anniversary企画としてのライブを行う事として、第一弾は
2月28日に
『Happy Night Vol.10』を開催し、MASAが川口SHOCK ONで3度バックバンドとして
共演して親睦が深められた
EARTHSHAKERボーカルのMARCYさんがゲストとして
参加頂ける事になり、初共演の
Ritchie'sがオープニングアクトを務めて頂き、
ラストは
MARCYさんとMORERadio Magicなどの代表曲を含7曲のEARTHSHAKERセッション
を行い、100人以上のお客様で大変盛り上がるライブとなりました。
また終了後は
MARCYさんとお客様も参加の打ち上げも開催して、記念すべき日となった。

5月5日は15周年記念第2弾として
『Happy Night Vol.11』を開催し、初参加の唱和兄弟with姪子
オープニングアクトとして懐かしい昭和歌謡を聴かせてくれた。
2バンド目は5度目の共演で4度目の
Happy Night出演となるTYPHOONが素晴らしい演奏で
会場を魅了した。
3バンド目は2度目の出演の
Cook Do with 桃萬が出演。歌のメロディー部分はフォークソングで
イントロ・間奏・エンディングを70〜80年代洋楽ロックを融合させた素晴らしい演奏だった。
Rosemaryは3年前の川口以来で3度目のRosemary参加の南雲操がKeyboardで参加し、MASA
初めて
Rosemaryでフルにギターで参加しラストは全バンドボーカリスト参加での学園天国を行い
100人以上の来場で今回も盛り上がるライブで終了した。

11月7日は15周年記念第3弾のFINALとして『Happy Night Vol.12』を開催し、
初参加のDJ UNIT KOJI & KOZUが参加し、DJ&70-80年代SONGSで盛り上がるオープニングを
飾って頂いた。
2バンド目は以前より一緒に共演したかった、PARENTSが初出演し、80年代のJ-POPで
会場は熱い盛り上がりになってきた。
3バンド目は2度目の出演のPETER RABBITSが出演し、50-60年代のPOPS&ROCKで
結成20年以上の安定した実力の素晴らしいステージでお客様を魅了した。
ラストは全バンドの女性ボーカルでセッションとして『ロックンロールウイドゥ』で
15周年記念ライブを締めくくった。

2016年 スタートライブはいつもRoseHeartが毎月の定例ライブをやっている『れすとらん邪夢』
定例で行っている
村田バンド with TOMYUさんとのコラボ企画を開催。
村田バンド&ROSEMARY スペシャルコラボライブのタイトルで2マンライブを行った。
ラストはセッションで、恋のバカンス上を向いて歩こうの2曲を行い盛り上がったライブとなった。
Keyboardは
NAGUMOが参加してくれてMASAがGuitarを弾いた。

2回めのライブは4月24日に
村田バンドさんからお誘いを頂き船橋Buddy'sで
ブルーストリオの
グリーンチムニーズROSEMARY村田バンド with TOMYUの3バンドでの
ライブを行った。
この日は
MURAさんが参加できなく5人でのステージとなった。

5月4日は今年ANGAでの初ライブを
HAPPY NIGHT VOL.13として開催。
昨年の15周年の時に参加頂いた
『DJ-Unit feat. NAO』がオープニングに出て
往年の洋楽ヒット曲で会場がとても盛り上がってのスタートとなった。
2バンド目は2010年5月以来6年ぶりの共演となった
『THE D.G.R』が出て
更にパワーアップしたステージを見せてくれた。
3バンド目は1年前の15周年に参加頂いた
『COOK DO』
今回も往年の名曲を素晴らしいアレンジで会場のお客様の心を掴んで盛り上がったまま
ラストの
ROSEMARYを迎えた。
ROSEMARYNAGUMOがKeyboardで参加してくれたことでMASAがGuitarを弾き
MURAさんとのツインギターも息がバッチリ合ってきた。
当日は100人のお客様でとても盛り上がるライブとなった。

7月30日は
MASAと古くからのバンド仲間である森寺氏のオリジナルバンドの
edingWillとの合同企画の祭演S(サイエンス)を小岩ORPHEUSで開催。
MASAの会社関係のプロジェクトバンドのKeizo Brother's Band
MASAHIROKOが出演しました。
また
MASAの仕事仲間のRed Snakes Come Onにも出演頂きボーカルSちゃんが
矢沢永吉を見事に熱唱したライブで100人のご来場があり大盛況のイベントとなりました。

11月19日は今年2度目のHAPPY NIGHT  VOL.14 として開催。
この日は実力はバンドが集結し、初参加となるボーカルナオキ率いる
SHABADABA
3度目の出演となる
Peter Rabbits、甲斐バンドトリビュートバンドのHungOversに出演頂き
130人の来場があり大盛況のライブとなった。

2017年 毎年恒例のANGAでの記念周年月間ライブに出演しているHAPPY NIGHT
5月5日にVol.15として3バンドにご出演頂き開催した。
出演バンドは、1番目にMASA、HIROKO、誠ちゃんが参加している★BOSS★が
初のアコースティックユニットとして
『BOSS CLASSIC』で出演しいつもの盛り上がりのある
ステージでオープニングを務めて頂きました。
2バンド目はMASAと古くからのバンド仲間の森寺氏が率いる
『eding Will』に出演頂き
今回はVocalHasiriさんを率いて高いパフォーマンスの演奏で盛り上げて頂きました。
3バンド目は毎年このイベントを盛り上げてくれている立地−率いる
『COOK DO』が参加、
今回も往年の名曲を素晴らしいアレンジで会場のお客様の心を掴み、最高のパフォーマンスを
見せて頂きました。
ROSEMARYにおいては、NAGUMOがKeyboardに定着し5回目のライブということで
サウンドも確立されてきた。またこの日はMURASANが高熱を出したことで欠席となったが
ライブは110人の来場者で大盛況でした。


直線上に配置